エトリヴァン・ロゴ

エトリヴァン

I vini si iniziano li dove finisce la logica
Add Background Images Here
イル・ポッジョーネ・モンタルチーノ
Stacks Image 110
Stacks Image 111


ワインジャーナリスト。ヴィノテーク・ファウンダー。
1980年、日本初のワインと食の情報誌『ヴィノテーク(Vinotheque)』を創刊(2003まで主宰)。
以来、世界のワイン産地を訪ね、ワイン造りの現場からワインレポートを送り続けている。
また、国内外多数のワイン・コンクールで審査員を務める。 1987年、スティーヴン・スパリュアを日本に紹介し、日本初の本格的ワイン・スクール、アカデミー・デュ・ヴァン東京校(1987年開校)の共同創立者のひとりとなる。
2004年、フランス共和国「農事勲章シュヴァリエ」叙任。
著書に、『私のワイン日記』(白水社)、『ワイン遊び』(廣済堂)、『ワインカタログ』(新潮文庫)、『ドイツワインアトラス』(ドイツワイン広報センター)、翻訳に 『カリフォルニアワイン物語』(TBSブリタニカ)、『バルバレスコよ永遠に』(ヴィノテーク)などがある。

My Image
My Image

有坂芙美子


ワインジャーナリスト。ヴィノテーク・ファウンダー。
1980年、日本初のワインと食の情報誌『ヴィノテーク(Vinotheque)』を創刊(2003まで主宰)。
以来、世界のワイン産地を訪ね、ワイン造りの現場からワインレポートを送り続けている。
また、国内外多数のワイン・コンクールで審査員を務める。 1987年、スティーヴン・スパリュアを日本に紹介し、日本初の本格的ワイン・スクール、アカデミー・デュ・ヴァン東京校(1987年開校)の共同創立者のひとりとなる。
2004年、フランス共和国「農事勲章シュヴァリエ」叙任。
著書に、『私のワイン日記』(白水社)、『ワイン遊び』(廣済堂)、『ワインカタログ』(新潮文庫)、『ドイツワインアトラス』(ドイツワイン広報センター)、翻訳に 『カリフォルニアワイン物語』(TBSブリタニカ)、『バルバレスコよ永遠に』(ヴィノテーク)などがある。
My Image

有坂芙美子
ワインジャーナリスト。ヴィノテーク・ファウンダー。
1980年、日本初のワインと食の情報誌『ヴィノテーク(Vinotheque)』を創刊(2003まで主宰)。 以来、世界のワイン産地を訪ね、ワイン造りの現場からワインレポートを送り続けている。 また、国内外多数のワイン・コンクールで審査員を務める。 1987年、スティーヴン・スパリュアを日本に紹介し、日本初の本格的ワイン・スクール、アカデミー・デュ・ヴァン東京校(1987年開校)の共同創立者のひとりとなる。
2004年、フランス共和国「農事勲章シュヴァリエ」叙任。著書に、『私のワイン日記』(白水社)、『ワイン遊び』(廣済堂)、『ワインカタログ』(新潮文庫)、『ドイツワインアトラス』(ドイツワイン広報センター)、翻訳に 『カリフォルニアワイン物語』(TBSブリタニカ)、『バルバレスコよ永遠に』(ヴィノテーク)などがある。

日本人がワインを受容するとき、いつでも国際的な交流と深い関わりがありました。  遠くは、天平・奈良時代の正倉院に葡萄酒を飲んだと思われる「夜光の杯」があります。時代は下って、1500年代にポルトガルからイエスズ会修道士の来日と共に、「ヴィノ・ティント(赤葡萄酒、たぶんポルト)」が伝えられました。ついで、明治維新、当時の殖産興業の奨励策に乗って、主食の米でなく「葡萄栽培」して酒を作ろう、という政策。未だ貧しい食生活の時代に、すっぱい葡萄酒を受け入れる要素はありませんでした。そして、1945年終戦。1964年に、東京で初めてオリンピック大会が開かれることが決まったとき、選手村の料理長に帝国ホテルのシェフ、故村上信夫さんが選ばれました。同時に、大量のワインが調達されることになりました。しかし、第1次中東戦争が起こって、フランスワインの輸送がスエズ運河でストップ、国産のメルシャン、サントリーのワインが大いに注目されるきっかけになりました。  ついで、1970年の大阪万国博で、日本人は、各国の料理とワインを経験するよい機会に恵まれました。今では、外食産業元年、ともいわれる食の祭典でもありました。私にとって大阪万博は、ワインの好奇心を充たすには最高の機会、フランス、ロシア、スペイン、ポルトガルなどのパヴィリオンでは、必ずワインを試飲。徐々に何故違いがあるのかも分かりはじめて、いずれは世界のワイン産地を訪ねるぞ、と大望を懐いたのです。 1984年に「ロンドン・ヴィントナース・スクール」で初めてワインを体系的に学びました。その後、マスター・オブ・ワインのウィリアム先生の紹介状を片手に、フランスのワイン産地探訪を開始しました。パリからロワールに始まり、ボルドー、アヴィニョンの橋のあるローヌ南部を経て、ブルゴーニュに滞在、最後はシャンパーニュのランスで終わる、ほぼフランス一周の旅、ワイン産地の地図ができました。それ以来、毎年、ワイン産地訪問は続いております。 初めてのイタリアは1978年、週末にヴェニスで1泊して、ヴェローナを目指しました。シェイクスピアの「ロメオとジュリエット」の舞台になった町。ソアーヴェを訪ねて、アマローネの干し葡萄の小屋に入って、新鮮な葡萄ばかりではないワインの品質に触れて、イタリア、エノトリア(葡萄のできる国)と呼ばれて以来の、膨大な縦の歴史と多種多様に変化する横軸に出会って、生涯、ワインは産地を見続けるしかない、と思ったものです。 1980年、思いがけなくワインの情報誌『Vinotheque(ヴィノテーク) 』を創刊することになりました。 趣味だったワインを職業に、平坦な道ではありませんが、こうして、ワインを追求しながら生きてこられたのは、ワインの持つ、目に見えない力、不思議な求心力のお陰かな、とありがたく思います。 エトリヴァンの社長佐々木仁さんは、イタリアワイン・ビジネスを展開して27年といわれます。最初、お目にかかったのはシチリア島の貴族・ワイン醸造家の、コンテ・タスカ家でした。英語の通訳でコンテ・タスカのワインを試飲していた私たちのグループに、イタリア語堪能な佐々木さんの登場で、場は一気に明るく陽気になりました。それから数年間、音信不通の後で再会した佐々木さんはすでに立派なイタリアワインのインポーター・ビジネスマン。しかし、ボディが丸く大きく変貌していて、初々しい青年だったシチリアの佐々木さんとは、気がつきませんでした。 ある意味で、変化したその体躯は、独自のイタリアワインを輸入するために、イタリア各地を旅しながら、醸造家を求めて、ワインを試飲して、郷土料理を食べて、地域の歴史を学んで、確かな評価を与えてきた、佐々木さんの体験の証明でした。  1970年代、キアンティだけしか知られていなかったイタリアワインは、2009年現在、輸入ワインの量では、フランスワインについで第2位の地位を誇っております。それは、パスタ大好き人間の私たちの嗜好にあうイタリア・レストランが多くなったからです。  輸入量が増えるにつれて、私たち消費者、飲む人々は、多種多様なワインから最も好みに合うワインが選べるようになります。ワイン通からみれば願ってもないようなよい環境といえますが、一方、あたらしいワインは未知のワイン。近年、ワインの品質は間違いなく高くなっておりますから、悪いワインに当たる比率は低いのですが、果たして、好み、嗜好に合うかどうかは飲んで見るまでわかりません。  そのような時、最も信頼できる情報の一つが、誰が選んできたか、ということなのです。 例えば、エトリヴァンです。輸入し始めたころは、すべてが佐々木さん独自の視点から選ばれたワインで、普通の人には知られざるワインが多かった、ように思います。  しかし、ヴィンテージを重ねることによって、次第に、ワインの品質・スタイル、飲み頃などが、同じ路線上にくっきりと姿を現すようになります。そのような形にならない情報が読み取れるようになると、もう大丈夫。私有坂の場合は、佐々木さんが選んだワインだから、まだ飲んだことがないワインでも、飲んでみよう、という気分になるのです。 ワインを中心に、3つの立場があります。葡萄畑から食卓まで、といいかえてもいいでしょう。ワインを造る人(栽培醸造家)、ワインを選んで売る人(ワイン商)、ワインを飲む人(消費者)です。中でも、ワインは飲まれて初めて価値が生まれるのですから「飲む人」がもっとも重要です。その意味では、造る人も売る人も、飲む人、なのです。  私のように、単なる飲む人が頼りにするのは、造る人より、売る人です。外国ワインの場合、輸入してくれる人ですが、そこに、佐々木さんのように頼りがいのあるインポーターがいてくださるお陰で、はるかイタリアのワインが日常的に楽しめる時代がきました。  ワイン輸入には多大な資金が必要です。もっともシリアスな面です。一方、ワインには、産地にまつわる歴史、風土、人々の暮らしなど一切を含む文化的な要素もあります。ビジネスだけを考えれば、多大な資金を投入して、安く大量に売ればよいのです。しかし、飲む人にとっては、ワインが自ら発揮している文化的な情報を理解するから、よりおいしくなる、という心理的な作用もあります。  佐々木さんのワインビジネス、必要不可欠な資金をどのように調達されているのか、私にはまったく分かりません。しかし、同時に彼がワインにかけるロマンティックな面は、ワインリストに如実に表現されています。だから、毎回、あたらしいワインリストを読むのが大変、楽しいのです。  日本のワインマーケットは、まだ、ビジネス本位が多いのですが、ワインビジネスを通して、同時に固有のワイン文化を伝えてくれるインポーター、エトリヴァンは貴重な存在なのです。


パスタ、ピザ、カルパッチョ、ジェラート、カプチーノ……、イタリア料理はすっかり日本人の舌に馴染みの味となった。イタリア料理専門店の増加に伴い、イタリアワインの輸入量はフランスワインに次いで第2位にまで増加している。ワインに詳しい方なら、イタリアワインの有名ブランド「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」の名を聞いたことがあるかもしれない。こうした高級ワインをはじめ、イタリアワインがここまで日本に普及したのは、1985年にイタリアワイン専門の輸入会社「エトリヴァン」を設立した佐々木仁氏の功績に負うところが大きい。
横浜市鶴見区に事務所兼倉庫を構えるエトリヴァンは、佐々木社長と娘の杏奈氏、杏奈氏とカナダ留学中に知り合って結婚したイタリア人のマセッリス ドナテッロ氏、さらにスタッフ3人で切り盛りしている。倉庫にはトスカーナ地方を中心に、イタリア全土の84ワイナリーから輸入したワインを常時67万本ストックし、ほぼ毎月8,0009,000本を輸入している。販売先はイタリア料理専門店への直販が中心で、創業当時は佐々木社長自身がシェフやソムリエから注文を取り、自分で車を運転して客先まで配達していたという。しかしイタリアワインをめぐるビジネス環境は大きく変わってきた。

イタリアワイン輸入業界は競争社会
「以前、イタリアワインの輸入業者は数社だったので、顧客から電話で注文を受けるだけでよかったのですが、需要が伸びたことで輸入業者も増え、現在は150社以上もの同業社が受注競争を繰り広げています」と語るのは、カナダでマーケティングを学んだドナテッロ氏だ。

「ただ電話を待っているだけでは注文を取れなくなり、外へ出て営業をする必要に迫られました」(ドナテッロ氏)

そこで課題となったのは、外出先での在庫確認だ。シェフやソムリエから、特定の銘柄、特定のヴィンテージ(年代)について問われたとき、自社倉庫に在庫があるか確認してからでないと回答できないが、倉庫にある400もの銘柄とそれぞれのヴィンテージについて、日々変動する在庫数を記憶しておくのは不可能だ。
「急いで在庫数や価格などを調べ、その場で注文を取ってしまう必要があります。なぜなら『後で調べて連絡します』といって私が帰った後に、別の業者が営業に来るかもしれないからです。受注できるかどうかはスピードが勝負。外出先から在庫を確認する手段がどうしても必要でした」(ドナテッロ氏)
iPadFileMakerでビジネス支援アプリを開発
同社ではデスクトップパソコンから利用する見積・請求・在庫管理のシステムを運用していたが、拡張性に乏しく、日本語しか使えなかった。日本語に不慣れなドナテッロ氏も使えるよう、多言語に対応した新しいシステムへの移行を決断したのは2012年の2月だった。テクノロジーに詳しいドナテッロ氏は、当初からiPadFileMakerを使ったシステムを志向していたという。
FileMakerによるソリューションを選んだ理由の1つは、プログラマーでなくてもある程度のカスタマイズができる柔軟な開発環境が用意されていたことです。汎用的な業務パッケージシステムを導入したらカスタマイズが大変になりますが、FileMakerならいろいろなアイディアを簡単に追加していけると考えました」(ドナテッロ氏)
開発に当たったのは、FileMakerの開発実績があるマジェスティック。同社の船越宏二氏は、ドナテッロ氏との開発プロセスを次のように語る。
「エトリヴァン様からのリクエストは、既存の見積・請求・在庫管理システムをFileMakerに移植してiPadから参照できるようにするという内容でした。当社が基本機能を組み上げたところ、例えば、ビンテージごとの分類ではなく銘柄で分けてほしいといった要望があり、ドナテッロ様も開発に参加されてカスタマイズを施していきました。その後もユーザー視点でのさまざまな機能を実装していき、エトリヴァン様ならではのツールに作り上げていきました」(船越氏)
FileMakerの特徴は、使いやすさと拡張性、変更のしやすさだと船越氏は指摘する。通常のデータベースをiPadiPhoneから利用する場合、プログラミング言語を駆使して専用のインタフェースを開発しなくてはならないが、FileMakerなら無料で使えるiOS用プラットフォーム「FileMaker Go」をフロントエンドのアプリとして、「FileMaker Pro」で構築したデータベースへ簡単にアクセスできる。
さらに、多言語対応機能を生かして、日本語と英語、さらに仕入れ先はイタリアの会社なのでイタリア語も使える3カ国語が混在するユニークなシステムができあった。
販売機会を逃さない営業ツール
「先日、夜11時ごろに妻がFacebookを眺めていたところ、当社のお客様が特定の銘柄のワインを求めていると書き込んでいるのを見つけました。すぐに多くのワイン輸入業者から『注文を受けたい』という内容のコメントが書き込まれましたが、受注できたのは当社でした」(ドナテッロ氏)
それは、銘柄・ヴィンテージ・価格を指定して100本欲しいという大量のリクエストだった。それだけの本数が確実に在庫しているか調べなければ注文は受けられない。
「自宅からiPadでシステムに接続して、在庫があるのを確認すると、すぐにお客様に連絡して『当社ではそのワインをこの価格で提供できます』と連絡しました。このように、素早い動きが受注につながる、それが現在のマーケット状況なのです」(ドナテッロ氏)
カスタマイズを重ねて業務全般をカバーする
FileMakerを導入したシステムは当初、数種類の機能で運用を開始したが、次々と機能追加を重ねた結果、現在では顧客管理、販売管理、購入管理、棚卸など、ワイン輸入に必要な業務をほぼカバーする30もの機能に拡張されている。

例えば在庫管理でも、現在の在庫数だけにとどまらず、売れ筋商品を見つけるための機能や、過去の売れ行き状況から将来の売れ行きを予測して、何カ月後には売り切れるという予測を色分けで表示して、発注すべき商品を一目で分かるようにするなどだ。

「イタリアのワイナリーに発注してから、実際に横浜の倉庫に荷物が到着するまで、3カ月かかります。常に3カ月先の需要を見越して発注しているのですが、以前は全商品のリストをExcelに手入力して日付管理をしていました。それを目で確認して、在庫が何本だからそろそろ発注しなければ、といったアナログな対応をしていたのです。今はボタンを押して数秒待つだけで、発注のタイミングや支払いの期限といったスケジュール管理すべき業務をiPadが漏れなく知らせてくれるので、同じ銘柄をうっかり2度発注したり、発注を忘れて欠品するようなミスはなくなりました」(佐々木杏奈氏)

棚卸のコストを1/10に圧縮
iPadの持ち運びやすい特徴は、社外へ持ち出して受注活動をするほかに、棚卸業務の効率化にも大きな貢献を果たしている。
3カ月ごとに実施する棚卸は大きな問題でした。以前は倉庫に行き、品目ごとに在庫を数えて数量を紙に手書きし、終わったらオフィスに戻ってパソコンにデータを打ち込む作業に、延べ1520時間かかっていました。それが現在では、iPadを持って倉庫に行き、ロット番号やワインの本数をiPadに入力するだけ。2時間程度で終わります」(ドナテッロ氏)
通関手続きや支払いに必要なインボイス(送り状)のペーパーレス化も実装している。インボイスは数年間の保管義務があるが、紙の書類を大量に管理していくのは大変だ。また紙の資料は後で捜し出すのも不便になる。そこでイタリアからFAXなどで届けられたインボイスをスキャンして、画像としてシステムに取り込むようにした。
「コンテナが横浜港に接岸して関税手続きをしている際に、業務委託している会社からある商品のインボイスをFAXで送ってほしいと依頼されることがあります。以前なら、外出中には対応できず、会社に電話をしてスタッフに探してもらったり、自分で会社に戻ってから探して送ったりしていました。いまは、どこにいてもiPadから必要なインボイスを検索して、その場からメールで送信できるようになりました」(ドナテッロ氏)
6人という限られた人員で回している会社ですので、それぞれが専門の仕事を受け持っていて、なかなか他の業務にまで手が回りません。いろいろな場面で業務の負担を減らしてくれるこのツールはとても助かります」(佐々木杏奈氏)

イタリアのワイン文化を日本に紹介するエバンジェリスト
「お客様にプレゼンテーションするときには、iPadで写真を見せると効果的です。似たようなラベルがたくさんあるので、写真でラベルを見せるとすぐに分かり、間違いがなくなります」と語る佐々木社長は、雑誌やWebに寄稿する文章を書くときにも、よくiPadを利用しているという。
イタリアのワイン生産を勉強するため1年間フィレンツェに移住したこともある佐々木氏は、創業当時から「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」の輸入を手掛け、1999年には同ワインの販売に貢献した労により同生産者組合から第6回レッチョドーロ賞を贈られた。 また、イタリアで1997年に大きな地震被害があったときに生産者が復興ワインを販売して復興資金を集めたことにならい、東日本大震災の復興支援のため、イタリアのワイナリーに依頼した独自ブランドの復興ワインを販売し、売上金の一部を寄付する活動を行っている。
イタリアのワイン文化を精力的に日本へ紹介する佐々木社長と、それをITテクノロジーで支えるイタリア生まれのドナテッロ氏。長年培ってきた仕入れルートとワインを選ぶ独自の視点を持つエトリヴァンは、ビジネス本位の大手食品輸入業者とは一線を画す貴重な存在といえよう。

エトリヴァン・ドナテッロ・マセッリス、佐々木仁、佐々木杏奈

佐々木氏が語る! イタリアワインはおもしろい!
イタリアのワインは近年、非常にレベルが上がっている。イタリアワインのインポーターとして1985年から第一線で活動を続けているEtlivin(エトリヴァン)の佐々木仁氏が「最近は、まずいイタリアワインを探すほうが難しいくらいです」と太鼓判を押すほどだ。
かつてイタリアワインといえば、量産を主眼とし、品質はその次という時代があった。「量より質を重視するようになったのは1970年初め頃からでしょう」と佐々木氏は振り返る。単なる量産ではなく「世界に通用するワインを造る」という方向性に変わり、まずは市場のニーズに応える形で、人気の高い国際品種をブレンドした「売れるワイン」を多数生産するようになったという。「今はその反動もあって、マイナーな存在だった地場品種だけで造ろうという動きが目立ってきました。なかなかおもしろい時代になったと思いますよ」
イタリアワインをおもしろくしている理由として、バリエーションの豊かさが挙げられる。気候が温暖なため20州全土で良質なぶどうが栽培され、しかもその品種がじつに多様なのだ。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネといった国際品種ももちろんあるが、他国のワインに比べて特徴的なのは地場品種の多さ。有名なサンジョヴェーゼやネッビオーロ、バルベーラをはじめとして、その数は何百種類にも及び、それはつまり、何百種類もの味わいが存在するということだ。
「ワイン造りにおいて、人間にできることは限られています。もちろん、自然や伝統を重んじない人がいい加減な気持ちでワインを造っても品質は維持できませんから、そういう意味で人間が関わる部分は大きいですが、言い換えればそれは当然の条件。実質的に影響するのはテロワール、つまり土壌の性質や降雨量、十分な日照時間、適度な温度差などです。良質なテロワールとそこに育つ良質なぶどうが、不可欠なのです」
「バリエーションが豊かだから、飽きることがありません。選択肢が多いので、自分が好きな味に出会える可能性も高いのでは」と佐々木氏は言う。そしてもうひとつ、イタリアワインの場合、良質なヴィンテージであっても、フランスのそれに比べると価格が抑えられている点も見逃せない。「年数の進んだワインなら、5000円を超えるとレベルの違いは私感では感じないくらいです。たとえば最高峰のバローロやブルネッロ ディ モンタルチーノでさえ、新しい年代のものなら5000円程度。それを自分でさらに熟成させることももちろん可能です。5000円以上のクラスであれば、「高いほどいい ということではなく、あとは好みの問題といえます」

熟成されたイタリアワインを楽しもう!
イタリアワインの中でも、長期熟成の最高峰として知られるBarolo(バローロ)。ピエモンテ州のバローロ村とその周辺で生産されるDOCG規格(イタリア国家が定めるワインに関する法律「DOC法」の中で最高位に位置づけられるもの)の赤だ。生産地、品種、製造法が厳格に規定され、その法定熟成期間は最低38ヶ月、つまり、樽および瓶内で3年以上の熟成を経なければバローロと名乗ることはできない。仮に醸造してすぐのバローロを飲んだなら(法律上、あり得ないが)タンニンや酸味が強すぎて飲めたものではないという。ところが、樽と瓶内で熟成させることで、ほかに類を見ないほどの濃密で個性的な味わいに育っていくのだ。しかも、「バローロの出荷は4年目からですが、その後も長期にわたって熟成が可能なワインです。20年、30年置いても十分においしいのです」というのだから、ロマンを感じずにはいられない。
イタリアを代表するもうひとつの長期熟成ワインはBrunello di Montalcino(ブルネッロ ディ モンタルチーノ)。トスカーナ州のモンタルチーノで収穫されるサンジョヴェーゼで造られる。法定熟成期間が50ヶ月(リゼルヴァは62ヶ月)、しかもそのうち最低2年はオーク樽での熟成が義務づけられている偉大な赤。販売された時点ですでに「飲み頃」ではあるが、バローロ同様、そこからさらに何十年も寝かせて楽しめるワインだ。「十分な熟成期間を経たブルネッロは、市場に出回る1ヶ月ほど前からテイスティングする会が設けられます。そこで官能検査をし、合格するとようやくBrunello di Montalcinoのラベルを貼ることが認められるのです。
佐々木氏がHPで綴っているコラムの中に、ヴィンテージに関する記述がある。ご承知の通り、ヴィンテージとは収穫年を意味し、したがって優、良、可がある。ヴィンテージものというと、一般には優の年を指すが、佐々木氏はこの優、良、可をあまり当てにしないようにしている。格付けも参考程度にとどめているという。なぜなら「優のヴィンテージでなくても、たとえば良の年のものでも、驚くほど健康年齢に恵まれたものもある。あるいは、典型的な長熟系のバローロ、ブルネッロでなくてもびっくりする赤ワインがある」というのだ。

佐々木氏はこんな提案もしてくれた。「お子さんが誕生した年をヴィンテージに重ねる方もいます。たとえば2006年のブルネッロを買って2026年の成人の日を待つのです。そんな楽しみ方ができる飲み物はワイン以外にはないのではないでしょうか」     佐々木氏はイタリアワイン一辺倒ではなく、フランスのワインも好きだという。イタリアに滞在中、フランスのブルゴーニュ地方へ脚を伸ばしたこともあるそうだ。「ピノノワール、これだけはイタリアでは作れません。ブルゴーニュの冷涼な気候のもとでしか、あのぶどうの良さは生まれないんです。それを飲みにブルゴーニュにまで行ったわけですが、4日滞在する予定が3日で帰ってしまいました。ブルゴーニュのワインは確かにとてもおいしい。でも、そればかり飲むと飽きちゃうんです。その後、バローロに戻ってホッとしましたよ」と笑う佐々木氏。さまざまなワインを知った上でなお、彼が「非常におもしろくて決して飽きない」というイタリアワイン。あなたもその世界に深く浸ってみてはいかがだろうか。

佐々木仁 バロロ・アンセルマ